interview

24時間看護師常駐
介護施設

介護×看護
1つの現場 2つの視点

介護士(施設長)

西林さよみ

看護師

奥岡茜

24時間看護対応の機能をもつ介護現場である琴葉。利用者様にとって何が一番なのか?それを提供するためには? それを導き出すには介護と看護の2つの視点からスタッフの連携とチーム力が必要とされる。現場のそれぞれの立場にたつ2人のスタッフに話を聞いてみた。

Question

1

お二人が介護・看護の道を選んだきっかけを
教えてください。

西 林:

母がNPO法人で訪問介護事業所を経営しており、手伝っているうちに自分も介護の世界に入り、様々な方と関わっていきたいと考えるようになったのがきっかけです。また、資格取得の研修でデイサービスに行った際、利用者様が楽しそうに過ごされている姿を見て、感動したことも大きかったです。

奥 岡:

幼少期に漠然と看護師の道を志していましたが、ご縁があり違う道を選びました。結婚・子育てを経て、もう一度仕事に向き合った際、看護師になりたいという思いが芽生え、一丸発起で看護学校を受験したんです。当時、家事と勉強の両立は大変でしたが、今は看護師として働けることに喜びを感じています。

Question

2

琴葉をその現場として選んだきっかっけは
なんだったのでしょうか?

西 林:

スタッフ全員がスタートメンバーなので、同じ志を持って仕事ができることに魅力を感じ志望しました。また、人間関係を築いていきやすいと感じたのも理由の一つです

奥 岡:

私も同じく、オープニングでイチからつくり上げていく経験ができることに魅力を感じ、志望しました。また社長の型にとらわれず「利用者様のために」という強い想いに感銘を受け、私も琴葉の一員となって活躍したいと思いました。

西 林:

社長は気さくな方で、私やスタッフに声を掛けてくれます。だからこそ、社長の考えや会社の理念を全スタッフが理解し、現場で実践することができているのだと思います。

Question

3

看護師として介護施設で働く楽しさ、大変さなど
施設長、介護士として看護師としてのやりがいを教えてください。

西 林:

大変さを感じたことはありませんが、利用者様が発信されているサインを受け取ることができなかったとき、自分の不甲斐なさを痛感します。医師には困難だと言われていたことが、できるようになる利用者さんの姿を見れるのは、何よりも嬉しくやりがいを感じます。

奥 岡:

病院と比べて関わりが深いので、思わぬ変化が起きるのだと思います。利用者様の生活に重きをおいた関わりができることは楽しく、やりがいを感じます。医療物品には限りがあるので創意工夫は必要ですが、大変さを感じたことはありませんし、看護師に必要なアセスメント能力が高まったと思います。

workplace

それぞれの立場で
利用者様のためにできることを考え
実践していくことのできる職場。

Question

4

介護と看護のそれぞれのスタッフとの
関係性や連携など職場の雰囲気はいかがですか?

西 林:

とてもアットホームな雰囲気なので、何でも言い合える関係だと思います。インカムを付けているので、リアルタイムで来てほしいときも「忙しそうだから、呼びづらい」といったことはありません。看護師と介護士が連携・協力しながら働いています。

奥 岡:

チームワークの良い職場ですね。頑張ってコミュニケーションをとらなくても、日々の業務の中で自然とできている印象です。看護師が利用者様の健康状態を報告し、介護士は利用者様にベストなケアを考え実践する!常に会話がしっかりとできていると思います。

Question

5

琴葉で働く魅力。そして今後の目標を教えてください。

西 林:

適度な緊張感を持ちながらも、皆が和やかな雰囲気で働けるところ。現状に満足せず、もっと良い雰囲気づくりをしていきたいと思っています。

奥 岡:

利用者様の生活に携われる喜びを皆で共有しながら、それぞれがスキルアップできるところですね。病院勤務とは違い、一人ひとりの生活に合わせた看護ができることは、施設ならではの魅力だと思います。

西 林:

施設の雰囲気は、働くスタッフ全員でつくるものだと思います。人と深く関わる仕事なので、スタッフが明るく・元気に・楽しく働いていないと、利用者様も心が安らがないですからね。

奥 岡:

そうですね。スタッフの「まずは、やってみよう!」というチャレンジ精神が、利用者様の幸せに繋がると思います。臆することなく自らの意見を発言できるのも、琴葉の魅力です。

西 林:

そしてこの琴葉で働く日々の生活の中で、全ての利用者様が一日一回笑顔を見せてくださるようお手伝いをするのが今の目標です。利用者様が発信する小さなサインを見逃さず、ベストな看護・介護を提供していきたいと思っています。私は新米施設長なので、スタッフの力を借りながら、皆が楽しく過ごせる環境づくりにも努めていきたいです。

奥 岡:

私も施設長と同じように、常に利用者様やスタッフの笑顔で溢れている、活気のある職場づくりをめざしています。今後も「利用者様のために」という気持ちを忘れず、創意工夫をしながら、一人ひとりの思いに寄り添った看護を提供していきたいと考えています。

写真 左:西林さよみ / 右:奥岡茜  
施設:スローライフハウス琴葉 西の杜