interview

琴葉の歴史を見てきた介護士
琴葉のはじまりと
これからと

スローライフハウス ざわわ

介護士

三谷文恵

琴葉は今こそ各地に複数の施設をもつ、大きな介護福祉企業ですが、そのはじまりは、社長である伊藤直樹とわずか数名のメンバーで名東の一軒家という小規模のスタートでした。その初期メンバーの一人であり、今もなを琴葉の現場最前線で働く、この会社で最も古い介護士 三谷文恵に琴葉の歴史、そしてこれからのことを聞いてみました。

社長との出会いから飛び込んだ世界

保育士からの思い切った転身。
"名東の一軒家" "利用者様ひとり" から走り出した琴葉。

社長と共通の知人に、介護施設を立ち上げると聞き、お声掛けいただいたのがきっかけで琴葉に入職しました。当時は保育士をしていたので、介護の知識や技術もなく、自分にできるのかどうか不安もありました。しかし、社長の介護に対する熱意や人柄、奥様の印象がとても良かったので、介護の世界に飛び込んでみようと思い、ゼロからスタートしました。 当時は、一軒家で利用者様も一人。今の琴葉の姿からは想像ができないほど、小さな規模から始まったのです。介護経験のない私にとっては、逆にそれが良かったんだと思います。利用者様と関わる中で、介護の知識や技術を身につけると同時に、楽しさを見い出すことができたのは大きかったと感じています。

一言で社長ってどんな人?

困っていたら相手が誰であろうと手を差し伸べる、平等な心を持った人です。印象に残っているのは、私に孫ができた日のこと。忙しいにもかかわらず、わざわざ会いに来てくれたんです。嬉しかったですね...。 そんな思いやりのある、心が温かい人だからこそ、利用者様やご家族、働くスタッフを笑顔にできるのだと思います。

「僕は、これでは終わらない。」

大変さを感じる余裕さえなかった日々
そこにある、確かなやりがいと、社長の言葉とその熱意が背中を押す。

当時の施設は2階建ての一軒家。一階は6畳間が2つ、2階へは昇降機で上がるという、まさにお家介護という感じの施設でした。利用者様も最大9名。本当に一人ひとりと深く関わり、お手伝いができることは嬉しく、やりがいを感じました。ヘルパーは私ひとりだったので、大変なこともありましたが、そんなことを感じる余裕さえありませんでしたね(笑)。それよりも一生懸命お手伝いするので精一杯!社長も現場で働いていたので、介護のイロハは全て社長に教えていただきました。 当時から「僕は、これでは終わらない。もっと大きくする」と社長はおっしゃっていました。今から思うと、有言実行ですね。社長の介護に対する熱意の大きさが、会社の大きさに繋がっていると感じています。

あの頃、感じていた本当の家族のようなお手伝いが、
今は懐かしく想う。

社長の想いは昔のまま。
今も琴葉の全スタッフに伝わっている。

当時の施設は、親戚のおばあちゃんやおじいちゃんがお家に遊びに来るという雰囲気でした。一緒にご飯を食べて、一緒にテレビを観てお喋りをする…どの家庭にでもある日常の中でのお手伝い。本当の家族のような距離感は今の規模では難しく、寂しく感じることもありますね。でも、現状の会社規模になっても、社長の介護に対する考えや熱意が全スタッフに伝わっていることは本当にすごいと思います。利用者様ご本人の気持ちや思いを最優先に!という社長の考えが、しっかり現場に浸透し、皆が利用者様のためにベストを尽くす。口で言うのは簡単ですが、これは本当に難しいこと。でも、琴葉の場合は皆の志が一緒だから、お互い尊重し合い、気持ち良く仕事ができるので、利用者様に全力で向き合えるのだと思います。

FUTURE

琴葉のこれから
その描く未来とは?

はじまりから琴葉と社長を見てきたからこそ答えてほしい質問

今後琴葉がどのように成長を遂げていって
ほしいですか?

最期を迎えるそのときまで「あなたに会えてよかった」思っていただける、ご本人の気持ちを一番に考えた介護サービスを提供すること、その志を全スタッフ共有し続けながら、多くのご利用者様を笑顔にできたらと思っています。 また、社長はチェレンジ精神旺盛だけでなく、有限実行な方!社長であれば、どんなことでも実現できると思っているので、他の分野にも参入していってほしいと思います。そうすれば、楽しく働ける場所が増え、楽しく働く人も増える!スタッフが楽しく働けば、そこを利用する人も笑顔になる!琴葉は、いつの時代も、どんな分野であっても、笑顔をつくり出す会社でいてほしいと思います。

自分の将来を見つめている人へのメッセージ

介護・看護の職場、またはこの琴葉に興味を持っている
あなたへ

琴葉の職場は、とにかくスタッフ全員が、明るく・元気!
介護の現場は「なんだか忙しそうで、人間関係が複雑なのでは...」というイメージを持つ方も、少なくないと思いますが、琴葉は違います。役割上での上下関係はもちろんありますが、上だからと偉そうな態度をする上司は見たことがありませんし、なにより社長がそういった上下関係を望まない人です。
年齢層の幅も広く、経験値もそれぞれ違うので、お互いフォローしながら仕事ができる職場だと思います。型にはまらず、一人ひとりに寄り添った介護・看護がしたい方には、是非一度、実際の現場を見てほしいですね。みんな楽しそうに働いているので、びっくりするかも知れません(笑)。