Care Worker

YUIKA TAKEUCHI

interview

Fun rather than hard

大変さよりも楽しさを
実感できる仕事

スローライフハウス琴葉はんだ

介護士

竹内結花

入社3年目

FOR RESIDENTS

始めた頃の謙虚な気持ちや姿勢を忘れず
「安心」「安全」「安楽」な介護を提供したい。

母が看護師をしていたことから、私も人の役に立つ仕事に就きたいと思い、介護の道を選びました。琴葉を選んだ理由は、見学に訪れた際、スタッフさんが元気に笑顔で働く姿を見て、明るい職場だと感じたからです。
学校では学んだものの、実際の現場は未経験だったので不安もありましたが、一ヶ月間みっちり先輩から基礎を学べたので、少しずつ吸収しながら現場に慣れていくことができました。
現在は、新人さんを指導することもあり、どう教えたら分かりやすく伝わるのか悩むこともありますが、意欲的に学ぼうとしてくれるので、私自身も介護基礎を見直す良い機会となっています。これからも初心を忘れず、利用者様に「安心」「安全」「安楽」な介護が提供できるよう、スキルアップしていきたいと思っています。

ENTHUSIASM

利用者様の行動を視て
気持ちや思いを考える。

WORKPLACE

琴葉の魅力は、志が同じ仲間と一緒に
利用者様の願いを叶える介護を実践できること。

利用者様が「やってほしい」と言う前に、自分が気づいてお手伝いしたとき、「頼もうと思ってた。ありがとう」という言葉をいただけるのは、とても嬉しくやりがいを感じます。普段から心がけているのは、利用者様をよく視ること。例えば、車椅子の利用者様がご自身で進もうとしている、その目線の先にはトイレがある。そんなときは「良かったら、車椅子を押しましょうか」とお声掛けします。利用者様が今何をしていて、これから何をしようとしているのか、動きの先を読み取り、転倒や転落などの事故を防止するのも私たち介護士の職責だと考えています。また、発語できない利用者様に対しては、常にお声掛けしながらお手伝いし、表情や小さな動きに注目するよう心がけています。今後も日々の気づきを大切にし、利用者様の願いを叶えられるよう努力していきたいです。

Future Goals
今後の目標

コミュニケーション力を磨きながら
介護福祉士の資格取得にも挑戦したいです。

介護福祉士の資格を取りたいと思ったのは、勉強することで介護の基礎基本を見つめ直すことができると思ったから。これからも常に新鮮な気持ちで学び続け、介護士として成長していきたいです。