Clerical Staff

NAGISA OMIYA

interview

Challange Anything

事務職の枠にとらわれず
どんなことにも挑戦!

スローライフハウス琴葉 とよた

事務職

大宮渚

入社7年目

FOR RESIDENTS

利用者様やご家族に安心していただけるよう、
普段の会話を大切にしています。

祖父の脳梗塞をきっかけに、介護に携わる方々と接する機会が増え、介護に興味を持ち始めました。子育ても一段落し、仕事をしようと思ったとき、当施設が新規オープンすると知り、スタッフのスタートラインが皆同じことに魅力を感じて志望しました。今は、お節介な事務員さんとして働いています(笑)。
普段から心がけているのは、利用者様がご自宅にいるような生活環境をつくること。ご家族から、ご自宅での様子や趣味趣向をお聞きし、利用者様が居心地よく暮らせるよう努めています。また、ご家族に日々の様子や変化をお伝えするのも私の役割。離れて暮らすご家族の心配を少しでも減らせるように、空いた時間は利用者様と会話し、小さな変化を見逃さないようにしています。事務職の枠にとらわれず、どんなことにも挑戦させてくれる職場なので、毎日変化があり楽しく働いています。

MIND

利用者様やご家族の安心が
満たされるよう心がけています。

WORKPLACE

同じ目的に向かって、同じ志を持って
協力し合える仲間がいる職場です。

私のアイデアや意見を認めてくれたり、応援してくれる職場なので「こんなことをやってみたい」という声をあげやすく、実践して成功したときは達成感とやりがいを感じます。日々の仕事に何かをプラスすることは、一方から見れば手間が増えることになるので、物事が進まないケースも少なくないと思います。琴葉のスタッフは、利用者様の楽しみや快適な暮らしを優先するという意識を皆が持っているので、それぞれが自分にできることを考え、協力し合える風土。だからこそ物事がスムーズに運び、改善・改良され、ブラッシュアップしていくのだと感じています。そんな雰囲気をつくり出しているのは、施設長の人柄。現場の意見を取り入れ、改善・解決しようと働きかけてくれます。今後も、琴葉の一員として利用者様やご家族に満足していただけるよう頑張っていきたいです。

Future Goals
今後の目標

事務職にとらわれず、柔軟な考えを持ち、
施設全体が円滑に進むようサポートしていきたい

今後も事務職の枠にとらわれず、様々なことに挑戦していきたいと思っています。また、現場をきちんと理解したうえでサポートしたいと思っているので、介護知識を高めていきたいです。