Facility Manager

TOMOKAZU KUSHIGAMI

interview

Helping that person's life

その人らしい
暮らしのお手伝い

スローライフハウス琴葉とよた

施設長

串上友一

入社10年目

FOR RESIDENTS

一人ひとり違うのは、ごく普通なこと。
「普通」を叶えることが、私たちの仕事。

働くスタッフに伝えているのは、日々の仕事を作業化しないこと。ごく普通の暮らしができるよう、生活の一部をお手伝いするのが、私たちの役割です。例えば、食事の介助ひとつとっても、作業という意識で関わると、相手のペースよりも自分のペースを優先しがち。でも、一つひとつのお手伝いが、利用者様の快適な生活につながっていることを意識すれば、相手のペースに合わせることができると思います。
琴葉は施設ですが、利用者様にとっては暮らしの場。私や皆さんの起きる時間、寝る時間が違うように、利用者様も一人ひとり違うのは、ごく自然なことです。細かいスケジュールを立てて、そこに利用者様をはめるのではなく、その人らしい普通の生活に寄り添う介護ができることは、琴葉で働くうえで大きな魅力だと感じています。

TO FEEL REWARDING

自分の理想とする
介護を実践できるやりがい。

WORKPLACE

一人ではできないことも、力を合わせればできる。
心を込めれば、色んなことを思いつく。

自分の考えだけでなく、現場で働くスタッフの声を吸い上げ、改良を重ねてかたちになったとき、利用者様のご家族やケアマネジャーさんなどから「良い施設ですね」という評価をいただけることに、喜びとやりがいを感じています。琴葉のスタッフは、利用者様の意志や要望に耳を傾ける姿勢を大切にしています。利用者様のやりたいことと、健康面でやらなくてはいけないことが相反するときも、看護師と介護士それぞれが工夫し、知恵を出し合い、要望に応えられるよう協力し合える関係性。これは、利用者様の快適な暮らしに直結する大切なこと。施設に関わるスタッフが力を合わせることで、利用者様の幸せが叶うことは沢山あります。 今後も、スタッフ全員が力を発揮できる職場づくり、利用者様やご家族の暮らしに寄り添う介護が提供できるよう努めていきたいです。

Future Goals
今後の目標

満足せず、妥協せず、
利用者様の自由な暮らしを追求していきたい。

利用者様の自由度の高い施設をつくることが今の目標です。利用者様一人ひとりがやりたいことを、もっと自由にできるよう、スタッフと共にスキルを磨いていきたいと考えています。