Welfare equipment Counselor

YASUYO FUTAMURA

interview

Improve quality of life

適切な福祉用具を
選ぶことで生活の質を高める

コトー福祉用具

福祉用具専門相談員

二村康代

入社3年目

FOR USERS

利用者様やご家族の負担軽減につながる
喜びとやりがいを感じられる仕事です。

福祉用具専門相談員は、福祉用具に関するアドバイスをしたり、選び方や使い方を説明する専門職。介護保険サービスを利用している方に、ケアマネージャーさんと協力しながら、最適な福祉用具を選定・提案し、生活の質を高められるようサポートするのが、私たちの役割だと考えています。
ケアマネージャーさんや管理者から要望や依頼を受け、登録作業や発注確認を行うのが私の仕事。適切な福祉用具が利用者様のもとに届くよう、要望を細かく丁寧に聞き、迅速に対応しています。
また、様々なメーカーから常に新しい福祉用具がリリースされているので、インターネットを活用し、アンテナを貼るよう努めています。これからも、ケアマネージャーさんや上司と連携を図り、利用者様やご家族の負担軽減につながるよう、福祉用具専門相談員としての知識とスキルを高めていきたいと思います。

ENTHUSIASM

チームの一員として
利用者様の自立に貢献する。

WORKPLACE

明るく安心感のある雰囲気で
自分らしく働ける職場です。

特殊寝台(介護ベッドや電動ベッド)や車椅子もそれぞれに付属品があり、メーカーや種類も多いので、発注ミスのないようしっかりと何度も確認しながら業務を行う大変さはありますが、分からないことはすぐに聞ける環境なので、程よい緊張感を持ちながら楽しく仕事ができています。
上司は優しく、丁寧に指導してくださり、私が仕事をしやすいよう気配ってくれていると感じています。施設訪問で外出していることが多いので、顔を合わせたときにまとめて日々の困りごとを相談しても、嫌な顔をせず話をきいてくれたり、お菓子をくれたりします(笑)。また、社長はバイタリティと行動力のある方。新しいことにチャレンジする社長の姿勢を見ているからこそ、社員もチャレンジ精神を持って、それぞれの業務に取り組めるのだと思います。

Future Goals
今後の目標

福祉用具専門相談員としての知識を高め
利用者様やご家族のお役に立てるよう頑張ります!

利用者様やご家族の生活をサポートできるよう、福祉用具の知識を高めていくのが今の目標です。また、仕事の幅を広げるために必要な資格取得にも、挑戦したいと思っています。