kotoha
nursery room

interview

保育室の

はたらきカタ

働く親御さんをサポート

"てぶら保育園"という
新しいカタチ

主任保育士

山口真理子

保育士

具志杏菜

2020年1月に愛知県碧南市に開園してまだ新しい、企業主導型の保育施設。"働く親御さんをサポート"に重点をおく、新しい形「てぶら保育園」。公立・私立の保育園にはない、特徴・またその魅力とは?

Question

1

公立・私立などの保育園ではなく、企業主導型の
ことは保育室を職場に選んだきっかけは?

山 口:

私は0~6歳児までいる大きな園や託児所、認可保育園などで経験を積む中、もっと子ども一人ひとりと深く関わりたいと思ったのがきっかけです。

具 志:

私も山口さんと同じように、子ども一人ひとりの発達や成長を見守ることができる小規模な園で働きたいと思い、ことは保育室を志望しました。

山 口:

ことは保育室は定員が19名なので、家庭に近い環境で、保育士が園児一人ひとりのことを把握し、1対1の関わりが持てる、ちょうど良い規模感ですよね。

具 志:

そうですね。保育士が多いので、子どもたちとじっくり向き合えるのは嬉しいです。また、親御さんとコミュニケーションを図るうえでも、ちょうど良いと感じています。

Question

2

企業主導型保育所という現場ならではの
保育所の特徴とかはありますか?

山 口:

一般的な保育園と比べると「働く親御さんの育児をサポートする」という意識が強いと思います。

具 志:

ことは保育室が行っている「手ぶら保育」の内容に、最初はびっくりしました。おむつ以外は、ほぼ園が用意するので親御さんの負担が軽減できると思います。

山 口:

着替えや拭きタオルなど、意外と毎日の持ち物って多いから、親御さんは本当に大変!少しでも負担を減らそうというのが「手ぶら保育」なんです。

具 志:

子どもが汚した服も園で洗濯してますからね(笑)。そうすることで親御さんの気持ちにゆとりができるのは、子どもたちにとって良いことだと思います。

Question

3

ことは保育室で働く楽しさ、大変さ、面白さなど
保育士としてのやりがいを教えてください。

山 口:

園児の入れ替わりが多く、新入園児が環境に慣れて落ち着くまでは、クラス全体が落ち着かない大変さはありますが、保育士の数が充実しているので、子ども一人ひとりとしっかり向き合い、関われる楽しさも感じます。

具 志:

子ども一人ひとりのニーズに合わせた保育をする難しさを感じることもありますが、そんな時は先輩に意見やアドバイスをもらい実践しています。

山 口:

やりがいは、なんと言っても子供の成長が見れることですね。

具 志:

頻繁に散歩へ出かけるので、当園の子どもたちは体力がスゴい!どんどん長距離が歩けるようになる姿を見ていると嬉しくなりますね。

workplace

スタッフ同士の笑顔が大切
一人ひとりの子どもとその親御さんに向き合う。"てぶら保育園"のやりがい。

Question

4

上司・部下や他のスタッフとの関係性など
職場の雰囲気はいかがですか

山 口:

ワンフロア園なので全員が顔を合わせ、お互いを気遣いながら仕事をしています。会議も週一で行っているので、意見交換しやすい環境だと思います。

具 志:

「手ぶら保育」なので、保育以外にもやることが多く忙しいですが、スタッフ同士が声を掛け合いながら協働できていると思います。やってくれたスタッフには「ありがとう」の言葉をかける意識を全員が持っているので、ギスギスした雰囲気は一切なく働きやすい職場です。

山 口:

私達、保育士が楽しく笑顔で働いていることが、子どもたちにとっても良いことだと思うので、職場の雰囲気が明るくなるよう心がけています。

Question

5

日々の働き方の中でもっとも大切にしていること
ことは保育室だからできる働き方などはありますか?

山 口:

何よりも大切にしているのは、一人ひとりの子どもと愛情いっぱいに関わること。また、企業主導型保育施設なので、できるだけ親御さんの要望に応えるようにしています。送迎の際には、育児の困りごとや悩みなどを聞き、積極的にコミュニケーションをとるようにしています。

具 志:

日々のコミュニケーション、遊ぶようすや行動を観察しながらニーズを把握し、子ども一人ひとりに合わせた保育をするよう心がけています。子どもと同じ目線に立って、できたときの嬉しさ、できなかったときの悲しさなど、喜怒哀楽を一緒に感じてあげられるよう努めています。

Question

6

最後にお2人のこれからの目標を教えてください

山 口:

全員の子どもがことは保育室のスタッフ全員を大好きになるのが今の目標です。子どもたちがのびのびと自分の感情や欲求を出せるようになると、情緒が安定し笑顔になります。子どもが笑顔であれば、親御さんも安心して子育てを楽しむことができる!そんなスマイルループを広げていきたいです。

具 志:

これからも保育を楽しみながらスキルアップしていくのが今の目標です。楽しい・悔しい・悲しいという感情を子どもと同じ目線で感じながら、一緒に成長できたらと思います。子どもたちが日々成長していく姿を間近で見守り、関われる保育士の仕事をこれからもずっと続けていきたいです。

Interviewee


インタビューを受けた保育士のご紹介

主任保育士

山口真理子

保育士歴22年


保育士になったきっかけ

小学6年生のとき妹が生まれ、お世話をした経験から、子どもと関わる仕事がしたいと思いました。


休憩時間の楽しみ

給食時間後の休憩時間は、お茶を飲みながら、スタッフと雑談して気分転換♫しています。

保育士

具志杏菜

保育士歴6年


保育士になったきっかけ

中学生のとき従兄弟が生まれ一緒に遊ぶ中で、子どもと関わる仕事に就きたいと思いました。


休憩時間の楽しみ

他スタッフとお茶しながらプライベートの話やコスメの話題で盛り上っています♪

ことは保育室

〒447-0871

愛知県碧南市向陽町1-54

0566-45-6211